ダウン症で自閉症、かつ知的障害・多動性障碍児の娘と保護犬


by haafuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「三つ子の魂百までも」とは、幼い頃の性格は、
年をとっても変わらないということ、
幼い頃に習ったり覚えたりしたことには用いない、
と辞書にはあります。

また、養老孟司氏は、「人間は年を経るにしたがってどんどん成長し、
考えも変わっていく、それなのにいくつになっても幼い頃と変わらずに
保っているところがあるようだ、すごいことだなぁ、
という感慨に似たもののはずだ」
と著しておられるそうです。(教えてgooより)

一方で、
「胎児期から3歳までが、
 人間の一生でのうがもっとも急速に発達する時です。
 育児環境の質の良し悪しが、
 その発達していく脳の組織と機能に
 深い影響を及ぼすことが、
 脳医学の発達に従って顕著になってきています。

 この発達期に長期にわたる虐待や放置、
 無視(泣いても抱いてあげないなど)や、
 一貫しない育児方法、何時も異なる世話人等を経験すると、
 それは、トラウマ的(心的外傷的)経験として、
 幼児期に持続する過覚醒反応を起こさせ、
 脳神経発達や、中枢神経系統に障害を与えるのです。

 こういった子どもたちには、
 往々してPTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状が出るようになり、
 また、愛着と、感情を調整する、
 orbitofrontal cortexと呼ばれる人間の顔の表情に例:母親の笑顔など)
 に敏感に反応する脳の部分が充分に育たないため、
 衝撃的で暴力を振るってしまう傾向が現れます。

 これを「愛着障害」といいます」というのもある」
 (以上、Yhoo知恵袋より)

諺としては辞書の意味のように正しい使い方をすべきですが、
胎児期も含め、3歳から5歳くらいまでの「保育時期」というのは
その後の人格形成にとても大きな影響があると、
自分を振り返ってもそう思います。

待機時児童問題があります。
保育士のなり手が減ってきている、質が落ちてきている、
というのもあるそうです。
モンスター・ペアレンツもおり、かつ「クレームつけんと損する」
というくらい不信感が社会に拡がっていると思います。

保育はいったい誰のためのもの?

まずは「子供のため」であるのは当然のはずなんですが、
どうも今は親のためが中心になっているようです。

もちろん、親があっての子でもあり、子育ての大変さを考えれば
「子にとっての親の利便性・負担減」というのも解ります。

でもなあ・・・。

子供の「その後の人格形成」のために、
親を、大人を取り巻く環境をどのように良くしていくか、いけるのか、
それはつまり「より良き社会」をどう創っていくのか、
ということだと思いますが、
この「社会全体像」を考えないと、目先のことばかりに追われる、
対処のみに奔走するという、とても不安定な状況にしかならないと
思うのです。

戦後、形成された「日本型個人主義」といえる価値観は
「和をもって尊し」なんてことより「我がが、我がが」というものを
どんどん押し進めてきたし、なお進行中です。

もちろん私も偉そうなことは言えません。
でも、さすがに50も半ばにき、娘を持ち、色々と考える。
「まだ間に合う?」のならば、何が大事なことなのかを整理せんと、と。

そうなるとやはり、とにもかくにも「未来を担う」のは子供であり、
子供にとって、少なくとも保育時期に
どんな環境を創ってあげることができるのか、
そういうところから考え直すべきなんやないか?
子供にとってベターな環境は、大人にとってもベターだろう、
もっと言うと、障碍児にとってベターな社会は
人間にとってベターなんちゃうん?
そう思うのです。

子供を甘やかすのではないし、子供べったりになるのでもない。
「5歳までに親孝行は終わる」という話もある。
それなら「5歳くらいまで」をとても大事にする価値観、
親にとって、子にとって、「大事な時期」という価値観を
社会のベースにしていけんもんかと思うんですなあ。

実際にやること、日々の暮らし、現実を考えれば、
そない変わらないとも思うし、そない変えることもない、難しい。
それでも「ベースとなる価値観」をきっちり持っておくのと、
そうでないのとでは、
同じことをやってても違う結果になると思います。

三つ子の魂百までも。
性質は年をとっても変わらんけれど、
保育時期に子供が感じた様々なことは
性質に大きな影響を与える。
ここ、ここをなんとか実感していかんとと思いますわ。
[PR]
by haafuu | 2014-04-04 13:54