ダウン症で自閉症、かつ知的障害・多動性障碍児の娘と保護犬


by haafuu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

久々に再開

これまでの整理を少々。
昨年、10月にブリーダーから犬を飼い始めた。
ののかに何かしらいい影響があるかもという思いもあって。
雌の「マルチーズとトイプードル」のミックスで名前を「ゆき」とした。
それまでにも保護犬カフェには行くようになっていたが、
初めての犬ということで信頼できそうなブリーダーから買い求めた。
しかし保護犬カフェに行かなくなったわけではなく、
今年3月。妻が「この子、可愛い」ということで鶴橋の保護犬カフェへ。
ロングコートチワワの雄で2歳になる少し前、後ろ足にパテラという脱臼しやすい障害を
抱えていた。
2回会いにいって、2度目に引き取る事を決めた。
名前は保護犬カフェで付けられていた「ライム」をそのまま使うことにした。
うちに来てから、先住犬のゆきは下痢をするわ、慣れるのに少し時間はかかったが

すっかり仲良くなった7月半ば。
またまた保護犬がうちに。
今度もパテラを抱える、しかしライムよりは重症で、
左後ろ足を使うのに不自由があるくらいだ。
それでも、3本足で元気よくは知るけれど。
名前は「のこ」とした。

先住犬2匹は、のこと距離を取りながら、慣れるのにしばらくかかった。
のこはまだ3ヶ月と少々。遊び盛り。ゆきは夏の暑さのせいもあってか、
食欲はなくすわ、吐くわだった。
そうそう、ライムは時折変な咳をするし、嘔吐もする。

難儀な保護犬2匹とゆき、そしてののか。
ののかにどんな「いい影響」を及ぼしているのやら。
[PR]
by haafuu | 2016-09-06 14:47